新着情報

NEWS

水無月

  • 季節のお菓子
  • 2020.06.13

水無月

6月30日の夏越の祓に向けて、外郎生地に大納言小豆をのせた「水無月」をお作りしています。
和三盆糖のやさしい甘さをお楽しみください。

夏越の祓は、新年から半年の間に受けた穢れを祓い、次の半年をまた新たな気持ちでスタートするための儀式です。

小豆の赤色には邪気を払う力があるとされ、三角形の形は「氷室の氷」を表しています。
昔、氷はとても貴重でしたので、氷に見立てた三角形の涼しげな形に、人々は涼を感じ取っていたといわれています。

不自由のない現代において、こうやって昔の風習をお菓子を通じて学ぶことは、とても意義のあることだと思います。
今恵まれていることに感謝し、昔の人の知恵や工夫を敬う。

日々の中に学びがたくさんあることに気づきます。