茶の子のこだわり
茶の子の由来

 「茶の子」という言葉が日本の文献に登場するのは室町時代。<茶の子>は、お茶を飲むときに口にする菓子のことで、これがいわゆる和菓子の原点と言われています。
 茶の子は創業97年。三代目に当たる亭主が、古都鎌倉の彩に寄り添いながら、現代人の口に合った和菓子を日々追求し、精進しています。

茶の子 和菓子の制作風景

茶の子のこだわり
茶の子のこだわり

 一つでも多く、茶の子の味や彩を楽しんでいただきたいとの思いから、茶の子のお菓子は少し小ぶりのサイズ。米や豆など素材にもこだわり、また保存料などもできる限り使用せずにお作りしています。
 一期一会の真心をお菓子にこめて、毎日お届けしています。